【妊婦さんのお腹の張りと対処方】

妊活

【妊婦さんのお腹の張りと対処方】

お腹の張り

妊娠中期、16~27週の妊娠期間の真ん中、お母さんと赤ちゃんをつなぐ胎盤ができあがる為、安定期と呼びます。この時期になるとつわりなどの体調不良がほぼ無くなり以前のように動けるようになる方もおられます。

この時期のおなかの張りは、通常は起きないのが正常ですが、張りの程度や頻度によっては、様子を見ても良い生理的な張りと良くない張りがあります。
お腹が張ったときに、少し安静にしていて落ち着くようなら深刻にならなくても大丈夫な事がほとんどです。

しかし、おなかの張り方はひとによって様々ですから様子見で大丈夫な張り方と危険な張り方で診察しないと分からない様な事もあります。
ご自身でおなかの張りを感じた時は、早めに医師に相談することです。

【おなかの張りってどんな感じ?】

☑ 子宮がキューとなる感じ

☑ 痛みがあり、下腹がカチカチになる。

☑ おなかの中で風船が膨らんでいる感じ!

おなかの張りとは、子宮の収縮が起こっている状態で、おなかが硬くなります。
人それぞれで、感じ方も色々あります。

もし、健診時に張りのようなものを感じたら、その場で張りがあるかないか確認してみましょう。張りというのはこう言う物だと感覚を理解すれば、その後は普段の生活の中で素早く感じとることが出来る様に成ります。

【おなかの張りの原因とは】

子宮と言うのは筋肉で出来ています、そのため伸縮します。母胎が疲れを感じるような動きをしたり、する事で筋肉は収縮する事があるので、体調が良いからと言って無理しすぎないようにしましょう。

また、子宮が妊娠によって大きくなる事が張りの原因になる事があります。
妊娠していないときなら10ml程度の容量ですが、妊娠後期には5Lほどになります。
妊娠中期はおなかがどんどん大きくなっていきますので、子宮自体の成長と子宮を包んでいる膜が大きく膨らんでいく時の突っ張った感じがそのまま張りとなって感じる事になります。

【張りがあるときの対処方】

張りを感じたら安静にしましょう。出来れば横になるのがよいのですが、外出先や職では、そのようなスペースが確保出来ないと思うので、ゆったりと座れる所で安静にする事です。

妊娠中期後半では、子宮収縮が不規則に起きる時期なので、しばらく休む事でおさまってくれれば特に心配しなくて良いでしょう。

【受診の目安】

しばらく横になっても治らない場合や、30分以上おなかの張りが続く場合は受診することをおすすめします。 受診目安は以下の通りです。
☑ 1日に10回以上の張りがある
☑ 張りの間隔が短くなる
☑ 出血(茶色や黒色を含む)がある
☑ 冷や汗が出るほどの強い痛みがある
☑ 安静にしていても張る
1日に繰り返し何度も張りがあったり、張りの間隔が短くなったりする場合は切迫流産・早産の可能性があるため、なるべく早く受診しましょう。

関連記事

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ