【妊娠安定期の過ごし方】

妊活

【妊娠安定期の過ごし方】

安定期の過ごし方、注意点

妊娠して、安定期になるまではまわりのに公表しない方が多くおられるこの頃ですね。
安定期に入ると毎日辛い思いをいていたつわりも治まり、妊娠期間をエンジョイ出来るのではないかと思う方がおられることでしょう。

この安定期がどのくらい妊娠期間が経過するとなってくるのか知ってましたか?
安定期とそのときに注意しなければいけないことを紹介します。

安定期とは何でしょう!

安定期とは、通常は妊娠5ヶ月(妊娠16週)に入った時期をいいます。妊娠初期よりも流産のリスクも低くなると言われています。

近年は、安定期に入ったからと言いつつ旅行などに行く妊婦さんもおられますが、安定期に入ったから安心で何をしても良いと言うことではありませんよ。

個人差はありますが、一般的には安定期になるとつわりが治まり、食欲不振、吐き気がなくなりきがらくになります。

人によっては胎動を感じる方もおられます。つわりがいまだに続いていても胎動を感じると(お腹に赤ちゃんが生きているんだと実感出来心の支えになる事でしょう。

初めて感じる胎動は、赤ちゃんがまだ小さい頃はポコポコ動く程度ですが成長するにつれて、動くとお腹が痛く鳴るほどになります。

妊娠16週当たりになると、子宮の中で胎盤が完成してその胎盤を通して栄誉が赤ちゃんに届けられるようになります。そうすることで(赤ちゃんのいる環境が安定する)という事で安定期と言われています。

妊婦さん自身も余裕が出来、その時の経過にもよりますが軽い散歩やスイミングなど軽度の運動を勧める医師の方もおられます。

安定期だから絶対に安心!流産しない!ということはありません。実際、医師から「切迫早産」と診断されて安静にするように言われた先輩プレママたちもいます。切迫早産とは、妊娠は継続しているものの、早産もしくは流産の可能性が高まった状態を指します。

しかし、安定期だからといって安心しないことです。流産しないと言うことでは無いのですから、事実、医師から切迫流産と診断され安静にと言われた妊婦さんもおられます。

切迫流産とは、早産や流産の可能性が高くなった状態のことです。

関連記事

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ