妊娠初期!先輩ママさん体験記

妊活

妊娠初期!先輩ママさん体験記

妊娠初期症状とは?

妊娠初期症状とは、医学用語ではありません、妊娠反応が陽性になる前の時期を称して言っています。

月に一度、規則的に月経のある方でしたら、最終月経が始まった日が妊娠0週0日となります。

この時点では妊娠が成立していません。成立するのは排卵してから約1週間後、つまり妊娠3週目あたりと言うことになります。

検査薬では早くても妊娠4週目からしか陽性反応が出ないため、妊娠3週~4週の間は妊娠していても妊娠反応が陽性にならない時期があります。

先輩ママさんが教える妊娠初期の16症状をご紹介!

☑ 微熱が出たようなだるさが続く

妊娠が体内で成立すると高温期が続くので微熱が出たように感じます。
妊娠に気付かない時期に、風邪と勘違いして市販の薬を飲むという事があるでしょうね。

妊娠が分かったときにその服用した薬の影響が出ないとは言い切れません。特に抗生剤や解熱鎮痛剤は影響を与える恐れがあるので、妊活をしている方は薬の服用をする前に医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

☑ 頭痛がする

確かに妊娠中に頭痛を訴えられる方は多いですが、症状の出現する時期を考えると、月経前のホルモン状態による血管の収縮が原因と考えられます。

体調が安定するまでは無理をしないようにしましょう。また、仕事や家事の量を減らすなど、ストレスを溜めないことも大切です。あまり神経質にならないようにしてリラックスすることを心がけましょう。

妊娠中に頭痛を訴えるかたは多いですが、症状の出る時期を考えると、月経前のホルモン状態による血管の収縮が一つの原因と考えらレます。

体調が安定するまで無理しないようにしましょう。
仕事や家事も適当に減らして、ストレスを溜めない事も大事です。とにかくリラックスする事です。

☑ 肌荒れ、吹き出物が出る(ニキビは等)

妊娠によるホルモンバランスの変化等により肌荒れや、吹き出物(ニキビ等)ができることもあります。栄養バランスのよい食事や睡眠じかんを多く取る等、生活習慣にも注意を払いましょう。

☑ 突然の睡魔に襲われる

眠気は、生理予定日前に黄体ホルモンの分泌の関係で起こる症状です。
黄体ホルモンは排卵後に分泌されるため、妊娠の有り無しに関係なく眠気が起こる事はあります。

その時に置かれている環境が許せる環境であれば、眠気を我慢しないで取りましょう。許されない環境なら(仕事中など)身体を動かすなどして気分転換をしましょう。

☑ 下痢になる

体調不良なのか妊娠なのか色々考えてしまいがちですが、こちらも黄体ホルモンの影響だと考えられます。

水分を摂取しなければトイレに行かなくて済むと思ってしまうかも知れませんが間違えです、水分補給は十分にしましょう。

☑ 胸が張るような気がする!

妊娠の影響では無く、排卵後の黄体ホルモンによる影響でないかと思います。

生理前の時期に胸が張ることはあるので、様子をみて落ち着く用なら心配は無いでしょう、その他に異常があれば病院で見て貰いましょう。

☑ 生理日前日に出血した。

普段と違う出血が持続する場合は、産婦人科を受診して下さい。
この時期の出血は、化学流産の可能性があります。

化学流産とは、妊娠反応があったが超音波検査での確認が出来る前に流産してしまった状態です。検査薬を使わない段階では、普通の生理と考えてしまう事がおおいとされています。
☑ おりものがいつもと違う

いつもと違うおりものが出る場合には妊娠性のものと非妊娠性のものがあり、不快感が在る場合は感染症などの疑いもあるので産婦人科の医師の方に聞いて見ましょう。

☑ 基礎体温の変化が不自然である

妊娠を希望すると、基礎体温が非常に気になりますね。妊娠していると高温期が続きます。

人、それぞれですが、少々の変化で不安になり(妊娠かも知れない)と思ったりするでしょうが、いつもと違う変化があっても焦らず様子を見るようにしましょう。

☑ 匂いに敏感

においが気になるということは、つわりの症状の一つです。
個人差はありますが、妊娠4週間前後から症状が現れます。

普段でしたら、匂いなんて感じた事が無いのに急に匂いに敏感になってしまい、風邪引きのような体調不良を疑ってしまう事があるでしょうが、辛くご飯も食べられないと言う場合には病院へ行来ましょう。

☑ 唾液が多くなる

この症状も、つわりの一つと考えて良いでしょう。妊娠検査薬が使用出来る良きまで待ちましょう。

他に症状がないかを探して、気になるようでしたら病院で見て貰いましょう。

☑ 下腹部の痛み

ちくちくとした痛みが続くと思ったら妊娠していたという体験談もあるので、我慢せず、過度の痛みを感じる場合には病院に相談してみるのもいいかもしれません。

痛みが続くと思ったら人していた等の例もある野で、いたみを我慢せず過度の痛みの場合は病院に相談してみて下さい。

☑ 胃のむかつき

こちらもつわりの一つです。食べ物が胃の中に入っている感じも耐えられないほどの方もおられます。

極度の胃のむかつき感は、食事も食べられなくなってしまうことがあります。迷わず病院に行きましょう。

☑ 好みの変化

食べ物の好みの変化もつわりの一つです。もし変化が出てきたら、自分の食べられる物を食べられるだけ食べましょう。
バランス良く食べる物も必要ですが、今の所は栄養については気にしなくても良いでしょう。

妊娠中に胎児に糖分の供給が必要なので、糖分を欲するようになる事がありますがこれは妊娠中期にいこうに起こる症状です。

☑ 食欲の減少

食欲がなくなるのもつわりの一つです。

☑ たばこのにおいが気になる

体質の変化は個人差がありますが、タバコのにおいに敏感になることもあるようです。
本人が喫煙していなくても副流煙による影響があるため匂いに敏感になることはよいことでしょう。

以上

関連記事

誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ