35歳からの妊活

妊活

35歳からの妊活

【35歳という年齢は!】

みなさんもご存じの通り、年齢が35歳代を過ぎてからの初産のことを高齢出産と呼びます。勿論個人差はありますが、生殖能力的にも35歳過ぎから低下の傾向にあります。

このことを具体的に説明すると、このような事が言えます。卵子の老化や産道の柔軟性が低くなるなどの異変が見られ、妊娠しづらいだけでなく、出産時の危険度が高くなる年齢である。

しかも不妊治療の効果による妊娠率低くなる反面流産の確立が上がる傾向になることも事実です。

では、35歳からの妊活でどれくらい希望が持てるかですが、一概には言えませんが個々に置かれている状況によって違います。

いえることは努力と運次第でまだまだ可能性はある年齢であることは言えます。

【いつの世も子供を授かることは、運と努力次第です!】

子供を授かる事は、いつの世も努力と運次第であることには変わりない様に思いますが、若い時には比較的努力が少なくても子供を授かることができるのではないのでしょうか。

努力が不要というのは、もちろん出産適齢期であることに加えということですが、例えば少々食生活が乱れていても健康を損ねることが少なかったり、少々睡眠不足でも体力が維持できたりという部分です。

努力が少なくて済むとは、出産適齢期のことである。たとえば多少食生活が乱れてい健康を損ねる事があっても、睡眠不足出会っても体力があればと言うことです。

要は、若い世代は比較的体調管理に神経を使わなくても健康でいる事が妊活にはとても良いメリットである。

関連記事

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ