不妊治療

妊活

不妊治療

【不妊治療費、一体いくら掛かりますか?】

アンケートを行いその結果が次のとおりです、100万~200万円未満という回答が一番多かったことが分かりました。

アンケート結果は2013年度版ですが公開されていますご覧下さい。

アンケート結果のPDF

出典 http://ableindia.org

済んでいる地域によっては、通院費などの費用が治療とは別に掛かるので細かい算出をしなければなりません。また、経済的なコスト意外に時間のコストも頭に入れておく必要があります。

ゆえに不妊治療は時間も掛かるということは、仕事にも影響を与える事になります。
治療には100万円を超える費用が掛かることは覚悟しておくと共に、時間も同時に
掛かることを認識しておくことですね。

御自分の中で、上記の事を踏まえて不妊治療にはどれくらいの費用を用意するのではなくどの位までなら掛けられるのかを良く考えるべきですね。

【生れた後の事まで考える必要がある】

治療に掛ける費用は、まちまちですが、なかには500万円いじょうのお金をか賭ける人もいるとか!ようは掛けようと思えばいくらでも掛けられるのが不妊治療です。

不妊治療を始める年齢にも依りますが、まだ若い方が始めようとする時に、コストだけを考えて高いから諦めるのではなく、30歳、35歳までにはと年齢を目安に考えて行く事も必要でしょう。

不妊治療のゴールは、無事に妊娠、出産を終える事だと思いますが、その先の子育てに掛かる費用まで考えて計画をする事です。

赤ちゃんを授かる為に生活基盤の素をなげうってまでしてしまうと、生れてくる子供に不幸を背負わせることのもなりかねないので、掛けられるお金はこれだけだから、これでダメなら諦める覚悟も、お二人もしくはご家族で話し合いをして決断する事です。

【助成金のことも念頭に!】

不妊治療には多大なお金が掛かりますが、国やお住まいの地域などでどの位の助成金が出るのかも合わせて調べることも必要です。

2016年4月より、不妊治療に関わる民間保険が解禁になりました

補助金や保険金などは予め計算出来ますから、しっかり活用して行く事で負担が軽減されます。

手続きや内容の把握が面倒ですが治療を始めようとする時は予め確認しておくことをお勧めします。

関連記事

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
1
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ