出産でもらえる手当金

妊活

出産でもらえる手当金

【出産の手当金一体どんなもの!】

手当金とは、御自分が加入している健康保険組合から申請して受け取る事ができます。
手当金は大きく分けると、産休時と出産時に対応しています。

【産休手当】

妊活を経て妊娠しその為に仕事を休むことに依って給料が入ってこなくなり、産休中は収入がない事が前提です。そのような働くママたちの産休期間の生活を、しゅうにゅうのに応じて支給してくれるのが「産休手当金」です。

【出産費用】

出産時に掛かる医療機関などに支払う、分娩費用や入院費用、また入院中の赤ちゃんに掛かる費用などが、かなりの額になります。

そのような費用をまかなう為の「出産育児一時金」という手当があり、さらに組合によってはお祝いとして数万円の「出産育児一時金付加金」なるものが戴ける場合も在ります。

【貰う為の条件!】

働いていて、出産後に復職する予定であること、更に自分が勤務している会社の社会保険に加入している事が条件である。旦那さんの社会保険の扶養になっている場合は、対象外です。また国民健康保険も出産手当に対応していない為、加入者は受給対象外である。

【貰える金額と期間!】

金額
戴いている給料を日給に置き換えてその日給の3分の2の額を1日分に換算して支給されますが上限があります。

日給は支給開始日前12ヶ月間の各標準報酬額を平均してたがくを30日で割って算出します。

支給開始前日の期間が12ヶ月未満の場合は支給開始日の月以前の標準報酬月額の平均額で計算されます。

また、対象期間内に出産手当の額より少ない給料が支払われている場合は、その差額を受給する事が出来ます。

期間
出産日前の42日(多胎妊娠の場合は98日)〜出産日の翌日以降56日の期間において、給料の支払いがなかった期間が受給対象となります。

出産が予定日よりも後になった場合には産前の計算は出産予定日を、産後は実際の出産日を基準に計算します。出産日は、産前期間に含まれます。

受給対象期間に退職した場合には、退職日までに1年以上の被保険者期間がある人のみ、引き続き出産手当金を受けることができます。

ただし、退職日に出勤した場合には継続して受給することはできません。

【手続き方法は】

必要な書類は、御自分の職場の担当部署や健康保険組合に「健康保険出産手当支給申請書」があります。それで申請しましょう。 提出は産休明けの産後56日経過後。期間は産休開始の翌日から2年までですので、忘れないように申請しましょう。

関連記事

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ