葉酸の歴史!

妊活

葉酸の歴史!

【葉酸とは!】

今、巷で流行の葉酸、何故葉酸がこんなにももてはやされているのか!
それは、妊活中の女性(男性にも良い)に必要な栄養素ですと、厚生労働省も推奨しています。

そこで葉酸とはどの様な物なのか、しっかりココで確認して起きましょう!

【葉酸の歴史!】

発見されるきっかけは!ある食べ物でした。

1931年ルシィ ウイルスと言う博士がインドにて、イギリス構内で生産されているビール酵母を主に原料としている「マーマイト」が肝臓のからの抽出物と同じように治療効果があると言うことを報告し、ふたつの食材には貧血予防成分であるびたみんに似た未知なる成分が含まれていることを始めて報告した。

その後、博士は動物実験を行いその成分を実験に使った猿の(Monkey)のMをとりビタミンMと名付けました。ですからたまに葉酸の事をビタミンMと呼ばれるのは、そこからきています。

ただ、残念なのは博士が自らの手で、このビタミンMの成分を特定する事は出来ませんでした。

そして、とうとう1941年にHerschel K.Mitchell博士が4トンのほうれん草から未知の成分を特定、ラテン語で葉を意味するfoliumから葉酸(folic acid)と名付けた。

同じ時期に葉酸が乳酸菌の一種であるラクトパチルスカゼイ菌を増殖すると事を発表した。今は葉酸が乳酸菌を増殖することを利用して食物内の葉酸量を測定しています。


葉酸とは、水溶性のビタミンB群の1種で、ビタミンB12と共に赤血球の合成に働くこのことから造血ビタミンと言われている。

身体の中の葉酸は薬50%が肝臓に溜まり、その他は細胞分裂が多く行われている組織に多く存在している。

胎児が成長する過程において妊娠している方や、乳幼児期や成長期のお子さんには特に必要な栄養素で妊娠しているときは、していない時の2倍近い摂取量が推奨されている。

【葉酸の食材】

葉酸は、肉のレバー(肝臓)や葉物の野菜などに多く含まれています。水溶性のため茹でて食べるような調理方法だと損失しやすいです。

含まれている量はアスパラガスで約90%。菜の花、ブロッコリー等は60%近く、モロヘイヤ、ほうれん草は40%前後にそれぞれ減少してしまいます。

また光や熱にも弱い性質を持っているので、冷暗所などに保存するような事も必要です。

加熱を加えないで食べられるサラダや納豆、野菜は生搾りジュースのどに加工して
効率よく葉酸を摂取する事が出来ます。

葉酸は、ビタミンCの力を借りて活性型に変換されて身体の中において効果を発揮出来ます、葉酸は身体の中でビタミンB12と協力して力を発揮しています。

葉酸を摂取ときはビタミンCやビタミンB12を同時に摂ることで体内で非常に良く利用されます。

このような葉酸の性質から、妊娠期に特に必要量を十分に摂取する事が難しので、不足分をサプリなどで補うことが良いでしょう。

関連記事

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
1
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

葉酸

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ