妊活中の身体のケア貧血

妊活

妊活中の身体のケア貧血

【身体のケア貧血!】

後から後悔しないように、今から対策!
妊娠前から貧血に悩まされる女性は、妊娠している時に貧血が悪化するかも知れません。

原因は、身体を流れる血液量が増加する為であり、妊娠32週頃には薬1000㎖も増加して、同時に赤血球と血色素も増えますのでトータル的には血液が希釈されるようで、貧血が起こりやすくなるようです。

【妊娠=貧血の悪化】

「妊婦貧血」、妊娠中に貧血に悩まされる方の名称です。

妊娠初期は赤ちゃんもまだ大きくないので、赤ちゃんや胎盤内での細胞分裂や増殖の繰り返しはもの凄い行き追いなのでより多くのエネルギーや栄養素が必要になります。

胎児の成長によって、ママさんの身体を流れる血液量も増えていきますが、血液量の増加に対して、赤血球の量も足りないと、相対的に血液が薄くなり結果的に貧血になる。

予防の為には、とにかく「鉄分」を多く摂る事によって血液に含まれるヘモグロビンの原料になり、身体の全体に酸素供給する要となります。

妊娠初期に特に多く摂取したい栄養素が「葉酸」です。
赤ちゃんの先天的な疾患のリスクを減らすのに期待が持てますし、葉酸は妊娠の1ヶ月以上前から、食事やサプリメントなどで1日400Ugを取って戴きたいと厚生労働省も推奨しています。

貧血は妊娠に誘発されますが、必要な栄養素を摂取する事で防ぐことが期待出来ます。

【貧血対策】

貧血対策には、2大栄養素(鉄)、(葉酸)を不足しないよう摂取する事です。

1日の必要量は、「鉄」が成人女性で12mg、妊娠後期、授乳期は20mgと言われています。それと「葉酸」の必要量は妊娠していない女性は1日240Ugに対して、妊娠初期は1日640Ug、中期から後期は1日440Ugです。

赤ちゃんの先天的な疾患のリスク低減の為、妊娠初期や妊娠を考えている女性は、1日の食事プラス400Ug の葉酸サプリメント等で補うことが推奨されています。

それと「ビタミンC」は葉酸や鉄分を身体に吸収させる手助けになるので、是非一緒に摂りたいビタミンです。さらに葉酸以外のビタミンB群は葉酸の働きを助けるので同じく、一緒に摂取する事が良いでしょう。

関連記事

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
1
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ