喫煙 受動喫煙 の因果関係!

妊活

喫煙 受動喫煙 の因果関係!

【喫煙、受動喫煙と妊娠の因果関係!】

女性は、妊娠すると自分の居る隣や近くでたばこを吸われると気になりますね!
特に感じるのは、自分の旦那さんが吸っている場合やいろいろなお店で、喫煙所が分かれていないようなところや買い物に行くスパーなどの入り口付近の喫煙所がありどうしてもそこを通らなければならない時などその時の煙を副流煙と言いましてこれを吸ってしまうことを受動喫煙と言い、それが胎児にはどう影響するのでしょうか!

【受動喫煙による胎児への影響】

自宅で旦那さんがたばこを吸っている場合や、仕事上受動喫煙が多いことろに常にいた場合早産する危険性が高くなります。

さらに、受動喫煙の量が多くなると血管が収縮して胎児に送られる栄養素が減ってしまい発達遅延や低体重になることもあるそうです。

妊娠初期などは、脳や脊髄などが形成される時期なので、この時に妊娠中の喫煙者の場合は無脳症や神経管障害などのリスクを高めることになり、死産や流産、早産などのリスクもあるそうです。

たとえ本人が吸っていなくても、受動喫煙量が多くなれば、リスクも高くなります。

さらには、ダウン症になる危険性ありぜんそくやアレルギーなどの症状が出る確率も上がるそうです。

ただし、常に受動喫煙を吸っているような状態においてのことなので、単にお店に入ってタバコ臭かったとか喫煙所の近くを通りかかってたばこ臭かったなどの場合は気にするようなことではないと思います。

【どれくらいの受動喫煙を吸えば危険なの?】

旦那さんがたばこを吸っていた場合、例えば一日に40~50本吸っていたとしてその横に一日10時間いた場合妊婦さん(奥さん)は4本程度のたばこを吸っていたと同じと言われています。  *日本禁煙医師連盟より

このことから、受動喫煙がどうしても多くなるパチンコ店や分煙されていないお店では、実際に喫煙しているのと変わらないといえます。

では実際にどれくらいの量を吸えば害が出るのかは個人差はありますが一概には言えないところもあります。

微量でしたらそれほど気にしなくても良いかと思いますが、少しでも気になるようでしたらストレスにならない様にそのような場所にはいかないことです。

関連記事

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
1
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ