知って得する!妊活中の気をつけるべきタブー!

妊活

知って得する!妊活中の気をつけるべきタブー!

 【妊活中にやってはいけない男女それぞれが、気おつけるべきタブー】

妊活の成功は、普段の生活を見直し健康的に保つ努力が必要です。

受精の妨げとなる活性酸素を発生させないこと、着床・妊娠をした時にちゃんと成長させられる体作りも意識しなければいけません。

なのでやってはいけない妊娠中のNG項目の何個かをご紹介します。

【妊活最中2人で気おつける生活習慣】

 妊活をうまく進めるには、妨げになる要因を作らない生活をすること。
        
     ☑ 体内に活性酸素を作らないこと

     ☑ 生殖能力を高めること

     ☑ ストレスをためない(精神的リラックスを維持する)

      上の項目のようなことを避けるためにはどのようなことをするの
      かを考えるとまず喫煙は絶対ダメ!

     ☑ 妊活には、たばこの喫煙をしている方はやめることです。


      たばこの煙に含まれる有害物質が体内に入ると、外敵と判断して
      活性酸素を発生させます。

      このことが女性の体を妊娠しづらい体に変えてしまい、男性に
      とっては精子の質を落とすことに繋がります。 

  
      また、妊娠時にたばこの成分が胎児に与える影響がものすごく大
      きくて胎児への健康リスクは、たばこを吸わない非喫煙者の3倍
      と言われています。


      お互いのパートナーそれぞれのたばこの煙、関節的な受動喫煙で
      も起こるのです、妊活最中はお二人で禁煙することが良いでし
      ょう。


     ☑ ダイエットはほどほどに!

      妊活中は過度のダイエットは、控えることです。

      極度の体重減少や痩せすぎの体型では、ホルモンバランスが崩れ
      生理周期の不順、排卵障害を起こす可能性がある。


      また、食事制限をすることで栄養不足になり、卵子や精子の質が
      悪くなり妊娠しずらくなります。


      その反対に、過度の肥満も妊娠の妨げとなります。肥満体型は排
      卵抑制や精子障害などのリスクが高くなり、血圧が上がる高血圧
      症も心配です。


      ですから妊活するうえでは、体重コントロールに特化したほうが
      良いでしょう。


      肥満とは、体重を身長の2乗で割ったボディます指数が25以上の人
      を言います。身長160cmの人であれば、64㎏以下ですと大丈
      夫ということです。


     ☑ 激しい運動は控えめに

        ちょっとした運動は体の動きを活性化してくれますし、リラ
        ックス効果もありますので妊活中の運動は積極的に行いまし
        ょう。


        息が乱れないくらいの運動なら、活性酸素を抑える効果もあ
        るようです。

        逆に毎日スポーツをしたり、息が切れるような激しい運動
        は、活性酸素を増やすことになります。


        また、男性が特に気おつけなければいけないのが、サイクリ
        ングのような長距離での、自転車乗りです。


        日常の自転車移動程度ならいいのですが、長時間のサイクリ
        ング、前傾姿勢での自転車乗りは、局部を圧迫して精子の劣
        化を引き起こします。


      ☑ アルコールの飲用はほどほどに!

         妊活最中のアルコール摂取は、雰囲気を楽しむ飲み方であ
         ればいいのですが飲みすぎ深酒はやめましょう。


         多量のアルコール摂取による活性酸素が多量に発生し妊娠
         の妨げとなります。

         また、女性は妊娠がわかった時点でアルコールは摂取しな
         いことです。

   
         (胎児性アルコール症候群)ということがあり妊娠中の飲
          酒はリスクがありますのでやめましょう。


【関連記事】

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

葉酸

ピックアップ!

月別アーカイブ