【間違ってない】温泉、入り方とマナー教室 パート2

温泉

【間違ってない】温泉、入り方とマナー教室 パート2

温泉は入り方で効果が違う!

入り方とマナーとは!

☆ お湯につかる時間が大事!
入浴時間は温度によって異なりますが、初めは5~10分程度で、なれてくればぬるめのお湯で30分以内、高温では10分まで位で止めておきましょう。
それ以上ですと湯あたりや不慮の事故おこす恐れがあります。

☆ 入浴→洗髪→入浴→体洗い
温泉では頭と体を別々のタイミングで洗うようにする。
短い時間の入浴を繰り返す、分割浴をすると良いでしょう、美肌こうかの上に心臓や
体にふたんが無いし、深部まで温まるので、冷え性対策になる。

温泉の成分には肌の角質を取ったり毛穴のよごれを取ったりする効果があるものが多いので、タオルでゴシゴシこするとかえって肌を傷める事になります。
直接、手でボディソープや石鹸を浸けて優しく洗う事が良いでしょう。

☆ 湯上がりはカンタンにしましょう
  温泉に入ってせっかく肌に成分があるのに上り湯で洗い流してはもったいないです。
湯上がりはさらっとでやめておくことをお勧めします。
入浴後、膚に付いた成分をそのまま起こしておくと、それがバリアとなり体内の熱が 
逃げにくくなり保温効果が高まります。その結果、入浴後に湯冷めしにくく、冷え性の緩和や血行改善とうような温泉特有の効果が長続きします。

☆ 入浴後は休憩を!
入浴後30分~1時間くらいは休憩しましょう。 回数は1日に2回位が良いでしょう。
回数が多いと湯あたりなどかえって逆効果です。

☆ 失われた水分をしっかり補給しましょう。
ぬるま湯やお茶をコップ1杯飲んで体を潤します。
女性で美肌にこだわる人は10分以内に体の保温をするとよりツルツルのお肌になる
でしょう。

      以上温泉の正しい入り方まとめでした

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ